ビックリ仰天!11歳で2メートル10センチ!世界一背の高い少女

「ビックリ仰天 背の高い少女」


中国、山東省済南の小学校に通うジャン・ジユちゃんは、ほかのクラスメートより飛びぬけて身長が高い。

 小学校6年生、11歳にして、すでに210センチもあり、世界一背の高い少女としてギネス記録間違いなしと言われている。(何故そんなに高いの?まだ伸びるのかな?)

resize



【両親とも2メートル越えのサラブレッド高身長】

 ジユちゃんの両親は、ふたりともプロのバスケットボール選手で、やはり身長は2メートルを越えている。
ゆえに彼女の高身長は遺伝的なものであることは間違いなさそうだ。(遺伝していけばどんどん大きくなるのでしょうか?3mとか?)

 とはいえ、11歳にして210センチとは非常に珍しい。(珍しいという問題か?)
ジユは小学校1年生のときにすでに身長が160センチあったという。
これは中国の6年生女子の平均身長138センチよりもかなり高い。(異常な成長!)

 現在の210センチは、NBA選手の平均よりもすでに7センチほど高いし、ジユちゃんの大好きなバスケ選手、レブロン・ジェームズ(203センチ)よりも17センチ高い。(バスケでもバレーでもいけそうですね!)

 ジユちゃんはすでに"女ヤオ・ミン"と呼ばれている
。ヤオ・ミンは、中国の伝説的バスケ選手でヒューストン・ロケッツでプロとして活躍した男性選手だ。

 彼の身長は229センチだが、このままジユの身長が伸び続けると、彼を抜く日が来る可能性は高いという。(完全に抜きそうな勢いですね!)

 「ジユは1年生のときにすでに160センチあった。ぼくたちは6年間かかっても、まだ1年生のときのジユほど身長が伸びない」ジユちゃんの学校の男の子は語る。
「わたしはジユよりも数ヶ月早い生まれなのだけど、話をするときは彼女に屈んでもらわなくちゃならないの」ほかの生徒も言う。


【バスケットボールで大活躍】

 これも両親の遺伝子の影響なのか、ジユちゃんもバスケットの才能がかなりあるようだ。(才能かな?身長が高いからでは?)
母親の話では、初めて父親が練習しているところを見にバスケコートに連れていったら、コートでプレイしたいと言い出したという。(血が騒ぐのでしょうか?)

 父親がシュートしようとしたとき、バスケのことなどなにも知らないはずなのに、ジユは本能的に腕を上げて、プロ選手がやるのと同じようなディフェンスの体勢をとったという。(才能というか本能ですね!)
母親はこの子には生まれながらに才能があると思い、練習に参加させているとのこと。


 現在の子どもの高身長ギネス記録は、イギリスのサウサンプトンに住む少女、ソフィー・ホリンズちゃんの12歳のときの身長で188センチだ。(これでもかなり高いですよね!)

 ジユの学校の友だちは、こんなに背の高い友だちがいることを自慢に思っているようだ。


 「ジユと友だちなのはいいよ。だって、彼女はとっても背が高いから、すごく高いところまでぼくを持ち上げてくれるんだ」クラスメートのひとりは語った。(力持ちでもあるんですね!)





15日間無料試してみよう!




1000円で体験してみよう!



ーーー

「死ぬまでチャレンジ」コンテンツ一部紹介です。

★ポイント&懸賞ゲット

★体調改善したい(UP中)

★無料体験で英語を学ぼう!(UP中)

★スポーツ&趣味(バイクのお得情報が載っています)

★ビジネス(アトミビジネス)

★気になりませんか?

★体調管理しましょう!補えない栄養は健康食品で!

★出会い大切ですね!健全に出会いをしましょう\(^_^)/

★不要だと思っていた宅配サービス!
 母親が動かなくなってからは、父親が料理の仕度、ちゃんと出来ているのかな?
 宅配サービスで栄養も考えた食事の方がいいのかと最近、気になりだしました。

※これからもコンテンツを追加するのでお楽しみに!