「小さい家」に住む大きなメリットとは?

「意外!小さい家に住むメリット」



15日間無料体験で体験してみよう!チャレンジ無料体験!



小さい家にある大きなメリットとは?

私がすすめるのは小さいけれど、豊かさを感じる家です。

狭ければいいというわけではありません。

狭小住宅でも空間の取り方や設計の工夫で豊かさを感じる家をつくることは可能だと思います。

小さいけれど、豊かさを感じる家は、長く暮らすという視点で見ると、手入れがしやすいとか、ゆとりが生まれるなど、メリットがたくさんあるのです。

(ついつい大きい家に住みたいと思いますけどね!

 私は小さな家に畑が欲しいです(笑)

 確かに小さな家は掃除等は楽になりますね!

 収納が多ければ小さい方が使いやすいかな?

 光熱費等は小さい家の方が断然有利ですね!)



建築費用・税金・ローンの面でメリット!

小さな家には、どんなメリットがあるのでしょうか。

まず、建築費が抑えられます。

毎年かかる固定資産税も少なくてすみます。

建築費が少なくてすめば、住宅ローンの負担も軽くすることができるので、生活のレベルを落とす必要もなく、日々の生活にゆとりが生まれるでしょう。

将来のメンテナンス費用を計画的に用意することもできるはずです。

(確かにそうですね!

 ローンが安ければ負担が少ない

 メンテナンス費用も安く出来る等ありますね!

 大きい家は子供等が大きければいいですが、2人になると無駄になりますね!)


メンテナンスのしやすさも大きなメリット!

小さな家のもう1つの大きなメリットは、建てた後のメンテナンスがしやすくなることです。

例えば、外壁の再塗装。

家が小さければ外壁の面積も小さくなるので費用は抑えられ、工事期間も短くてすむでしょう。

また、家が小さければ、それだけ目が行き届きやすいので、補修箇所や不具合の発見にもつながると思います。

(小さすぎる家はどうかと思いますが、無駄に大きくても確かにコストがかかりますね!

 メンテナンス費用はばかりなりませんからね!

 外壁塗装や屋根等に費用がかかりますからね!)


毎日のお手入れがラクというメリットも!

そして、家が小さいと毎日の掃除もラクですね。

高齢になると、掃除をはじめ、家全体に目配りするのはなかなか大変です。

家族構成にもよりますが、日常生活にはそれほど広い空間を必要としませんから、普段使う場所だけきれいにすればすむ小さい家は、広すぎる家より快適ではないでしょうか。

(快適は広い方が解放感がありますが、掃除等を考えると小さい方がいいですね!

 無駄に広くない方がいいです。)


また、小さい家を建てれば、隣家と一定の距離ができるということ。

敷地いっぱいに家を建てるより、通風や採光が改善される可能性があります。

(今家を買うと一杯に建てさせられますからね!

 小さく建てさせてくれません。

 建築会社が儲かる為ですね!

 まず土地がないと、自分したい大きさの家に出来ないというのが現状だと思います。)


注意点や建てる際に工夫するポイントは?

小さい家はメリットが多く、いいことばかりですが、注意点やマイナス面はないのでしょうか。

小さい家だからといって、すべての部屋や空間を必要以上に狭くしてしまったら、使い勝手が悪くなってしまいます。

(頃合いが難しいです。

 広い方がいいように感じますもんね!)


水まわりのように毎日使う場所は、むやみに広くとる必要はないものの、極端に面積を削ってしまわないようにしましょう。

洗面室やトイレなど、もともと小さな場所は、狭く感じないように居心地を高める工夫も必要です。

具体例をあげると、洗面室と浴室との間仕切りにガラスを利用して広く見えるようにしたり、トイレの内装に明るめの色を使ったり、ドアより引き戸を多用したり。

高い位置に窓をとって外部からの視線を防ぎつつ、光の入る明るい空間にするなどの工夫をするとよいでしょう。

(建ててみないと分からないのが現状!

 しかも、今は土地一杯に作るのが普通!

 業者が儲かるように!

 業者は全然住む人の事なんか考えてくれませんよ!)


小さい家に住む場合、どう暮らすのが快適?

小さい家では、すっきりと暮らせるようにすることが大切です。

そのためには、ものがあるべき場所にきちんと収まっていないといけないので、収納が重要になります。

いろいろなところにものが散乱していては、よけいに狭く感じます。

(片づけが上手くないと無理ですね!

 片づけが下手な人は大きい家に住んでも一緒ですよ!

 片づけを上手くなりましょう!)


収納の基本は適材適所といわれるように、必要な場所に十分な収納を確保しましょう。

納戸や押入れのような大きな収納をつくっても、使うたびに取りに行くのでは面倒です。

さらに、しまうものによっては奥行きの浅い収納のほうが取り出しやすいこともあります。

収納スペースは、各所に、そして、しまいやすさ・取り出しやすさを重視してつくりましょう。

(簡単に言っていますが、これがなかなか難しい!

 そんな風に作ってくれる業者はまずないでしょう!

 出来たものを自分で改良するしかないですね!)


外まわりのことでいえば、家が小さくなれば、庭がとれる可能性がありますね。

季節ごとに咲く花や野菜を育てるなど、ガーデニングや家庭菜園にチャレンジしたり、庭に鳥のえさ場をつくって、自然を楽しむというのもいいかもしれません。

(家庭菜園をしたいですが、まず無理ですね!

 建売も何でも名一杯家を建てますからね!

 土地を持っている人はチャレンジして見て下さい。)


家を建てる人の年齢を見ると、だいたいどの調査でも30代前半から40代半ばの人が中心です。

仮に30代で家を建てても、30年後には60代。

ひょっとしたら、「最近は疲れやすくて」とか、「階段の上り下りが億劫になってきた」なんてことを言い始めているかもしれません。

そんな年代になったときのことも予測して、家を建てたいものです。

(平屋は難しいですね!

 この土地が高いご時世に!

 はっきり言って無理です。

 広い土地を所有していなければ無理な事です。)


家の大きさは先々のことを考えて決めよう

最近では、子どもが独立して夫婦だけの暮らしになった場合に、増築ならぬ「減築」をする家庭が増えてきました。

家族構成が変わったことで生活スペースが小さくてすむため、子ども部屋を主寝室にしたり、客間をなくすなどして、不要部分を削減し、家をコンパクトにするリフォームです。

高齢になったときの手入れのしやすさや、以後のメンテナンス費用の削減も期待できます。

(リホームよりも潰して小さい家を建てた方がいいかも知れませんよ!

 値段と相談ですね!)


こうした事例のように、子どもの独立後にリフォームして家を小さくするのも1つの方法ですが、最初から必要最小限のスペースで心地よく豊かに暮らせる設計を心掛けるのも賢い選択だと思います。

子どもたちが家を出た後、活用されない空間をできるだけ小さくするために、子ども部屋などは、あらかじめ最小限にとどめておくのもいいと思います。

ある住宅では、子ども部屋には壁やドアもなく、収納で廊下と仕切られているだけでした。

ベッドと収納で、1人になれる小さな空間は確保されていましたが、勉強は2階のホールに造り付けられた家族共有の大型の机でするのだそうです。

(うちは下で勉強させています。

 親が見る事が出来ますからね!)


4人家族の家としてはコンパクトですが、大きな吹抜けがあり、明るくのびのびとした空間が印象に残っています。

限られた空間でも、大胆な発想やメリハリのある設計により、心地よい豊かな空間はつくれるものなのです。

このように、小さい家には意外にメリットが多いということを理解していただけたでしょうか。

小さくても豊かな家で、長く快適に暮らしてほしいと思います。

(分かりましたが、現実には難しいと思います。

 土地を持っている方にはお勧めですが、大きい家に住みたいですよね!

 なかなか難しいと思いますよ!(笑))



★便利がいっぱい!生協の宅配サービス★
玄関先までお届け、ご不在でも宅配
食品をはじめ多彩な商品
かんたんネット注文
詳しくはこちらから
お年寄り等にはお勧めですね!若い人は買い物をお勧めします。




寝ている間にバストアップ!補正!チャレンジ補正でバストアップ!




ーーー

「死ぬまでチャレンジ」コンテンツ一部紹介です。

★ポイント&懸賞ゲット

★体調改善したい(UP中)

★無料体験で英語を学ぼう!(UP中)

★スポーツ&趣味(バイクのお得情報が載っています)

★ビジネス(アトミビジネス)

★気になりませんか?

★体調管理しましょう!補えない栄養は健康食品で!

★出会い大切ですね!健全に出会いをしましょう\(^_^)/

★不要だと思っていた宅配サービス!
 母親が動かなくなってからは、父親が料理の仕度、ちゃんと出来ているのかな?
 宅配サービスで栄養も考えた食事の方がいいのかと最近、気になりだしました。

※これからもコンテンツを追加するのでお楽しみに!