彦根警官射殺の初公判

「無表情「間違いない」元巡査、淡々と受け答え」
滋賀県彦根市の交番で警察官が射殺された事件の裁判員裁判は30日、初公判を迎えた。

当時少年だった元巡査の男(20)は、裁判長の質問に無表情で淡々と「間違いありません」と答えた。

警察官になって1年余りの元巡査を何が駆り立てたのか。

公判の行方に注目が集まる。

(何故って思う本当に!

 何が少年の人生を変えたのでしょうか?)


 元巡査は短髪にスーツ姿で入廷した。

横顔にはまだあどけなさも残る。

罪状認否では落ち着いた様子で受け答えし、弁護側の席に座って審理を聞いていた。

 元巡査が事件を起こしたのは念願の警察官になってからわずか1年後だった。

(わずか1年の間に何が起きたのでしょうか?

 私達の考えられない何かがあったのでしょうか?)


 中学校、高校は野球部に所属していた。

自宅前で素振りをする姿もよく見られていた。

中学の文集には顧問不在の1週間、練習の手を抜いたことを振り返り、「甘えた自分に腹が立った」「なまけた時間は永遠に取り戻せないのだと思うとくやしい」などと記していた。

高校の野球部でも「後輩思いで、練習も休まず参加するまじめな子」だったといい、実直な性格の一端がうかがえる。

(あまりにも真面目過ぎたのかもしれませんね!

 現実を見て何かが変わったのではないでしょうか?)


 高校入学後、次第に「警察官になりたい」という思いを強め、周囲から大学でも野球を続けるよう勧められても気持ちは変わらなかった。

高校最後の大会が終わった平成28年夏には、滋賀県警察学校のオープンキャンパスにも参加。

地元紙の取材に「交番で働き、市民の身近な存在になりたい」と夢を語っていた。

 29年4月に滋賀県警に採用され、昨年1月29日に彦根署に配属、3月26日付で事件の舞台となった河瀬駅前交番勤務となった。

それから約2週間後、上司を射殺するという凶行に及んだ。

(本当にこの短い期間に何があったのでしょうか?

 彼を変えたのは何なんでしょうか?)


 指導係の井本光(あきら)巡査部長=当時(41)=への不満を短期間に募らせたとみられる一方、交番の防犯カメラには、直前に2人が並んで弁当を食べる様子が写っていた。

言い争う様子はなかった。

(指導係だけに不満を募られていたのかは分かりませんよ!

 1年間の間に何かがあったのかも知れません。

 憧れていた警察官の仕事に幻滅したのかも知れません。)


 初公判を傍聴しようと、30日朝から44の傍聴席を求めて272人が大津地裁前で並んだ。

(真相が明らかになるといいのですが...)


彦根警官射殺





目の疲れに[ブルーベリーエキス]




┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
キレイに痩せなきゃ意味がない!!
ダイエッターをサポートする酵素と水素のダブルパワー!!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=356ZY9+2CJKOI+3LZQ+5YZ77 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



ーーー


「死ぬまでチャレンジ」コンテンツ一部紹介です。

★ポイント&懸賞ゲット

★体調改善したい(UP中)

★無料体験で英語を学ぼう!(UP中)

★スポーツ&趣味(バイクのお得情報が載っています)

★ビジネス(アトミビジネス)

★気になりませんか?

★体調管理しましょう!補えない栄養は健康食品で!

★出会い大切ですね!健全に出会いをしましょう\(^_^)/

★不要だと思っていた宅配サービス!
 母親が動かなくなってからは、父親が料理の仕度、ちゃんと出来ているのかな?
 宅配サービスで栄養も考えた食事の方がいいのかと最近、気になりだしました。

※これからもコンテンツを追加するのでお楽しみに!