「100億円還元」 ふるさと納税Amazonギフト券還元

「ふるさと納税Amazonギフト券還元でアクセス集中!」
大阪府泉佐野市の公式サイトがふるさと納税者へのAmazonギフト券キャンペーンで閲覧者が急増。

政府は過度な返礼品を規制する法改正を目指しているが、泉佐野市は真っ向から反抗。

キャンペーン発表以降つながりづらい状態になり、現在は災害モードで表示されている。

「100億円還元」泉佐野市サイトにアクセス集中、災害モードに切り替わる事態に

(100億円って凄いですね!

 アクセスが集中する訳です。)


大阪府泉佐野市の公式サイトに、2月5日以降、アクセスが集中している。

100億円還元


同市がふるさと納税者に対して、寄付額の10~20%のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを始めたことで閲覧者が急増したためで、9日午後2時時点で市のサイトにアクセスすると、テキストのみの「緊急災害情報用のトップページ」が表示される状態だ。

災害は起きていないが、容量が少なく負荷が軽い災害モードのページを表示することで、大量のアクセスをさばいているようだ。

 大阪府泉佐野市は、ふるさと納税でお得な返礼品を用意することで寄付を集め、2017年度のふるさと納税受け入れ額は全国トップだった。

一方で政府は、過度な返礼品を規制する法改正を目指している。

(政府は何故反対するのでしょうか?

 政府にとって不利益になるのでしょうか?

 規制する目的を聞いてみたいです。)


 泉佐野市は政府の方針に真っ向から反抗。

2月5日、同市への寄付者を対象に、寄付額の10~20%相当のAmazonギフト券を贈る「100億円還元 閉店キャンペーン」を市のサイト内で開始した。

このキャンペーンはさまざまなメディアで取り上げられ大きな話題になっている。

 キャンペーン発表以降、市のサイトにはアクセスが集中し、つながりづらい状態に。7日ごろには、トップページにアクセスすると災害モードが表示されるようになったとの報告があり、9日午後2時時点でも災害モードの表示が続いている。

 災害モードは、テキストのみのページで、リンクなどの情報も最低限に抑えており、表示する際にサーバに負荷がかかりにくい。

ページ内には、通常の市のサイトや、市のふるさと納税サイトへのリンクがあり、クリックすれば通常サイトが表示される。

 市のふるさと納税サイトには「現在、サイトへのアクセスが集中しており、つながりにくい状態が続いているが、解消に向けて鋭意対応中」と表示されている。

(それだけ国民が飢えているという事なのか?

 政府は規制ばかり!

 悪い事は規制しないといけないですけどね!

 まず、天下りをなくして下さい。

 しょうもない事に力をいれず、まず、天下りを0にしましょう!)



  
/━━┓     
今ならなんと●●●万円!オンライン査定はガリバー
┏━ 愛車 ━┓               
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 0 無料査定  = )  
車種・年式・走行距離 で概算価格をお知らせ!
┗━◎━━◎━┛              
▼ ▼ ▼ ━━━━━━・━━・・・
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=356ZY8+AINPIQ+9QU+HYNBN




就職に有利な資格スクールが満載
今すぐカンタン資料請求(無料)




ーーー


「死ぬまでチャレンジ」コンテンツ一部紹介です。

★ポイント&懸賞ゲット

★体調改善したい(UP中)

★無料体験で英語を学ぼう!(UP中)

★スポーツ&趣味(バイクのお得情報が載っています)

★ビジネス(アトミビジネス)

★気になりませんか?

★体調管理しましょう!補えない栄養は健康食品で!

★出会い大切ですね!健全に出会いをしましょう\(^_^)/

★不要だと思っていた宅配サービス!
 母親が動かなくなってからは、父親が料理の仕度、ちゃんと出来ているのかな?
 宅配サービスで栄養も考えた食事の方がいいのかと最近、気になりだしました。

※これからもコンテンツを追加するのでお楽しみに!