【女子高生流行語大賞】

 フジテレビのめざましテレビで11月30日に「2016女子高生流行語大賞」が発表されましたが

 その内容からアラサー世代からは「わかんない……」「理解不能」「ジェネレーションギャップを感じる」と

 困惑の声が上がっているそうです。

 今年の大賞1位は「卍(まんじ)」だそうです。

 皆さんわかりますか?

 私はサッパリわかりません。

 流行語ベスト10を発表します。

 皆さんはいくつわかりますか?

 1位 卍(まんじ) →  「写真を撮るポーズの掛け声、ヤンチャな人に対し “あの人卍だよね” と使う
            テンションが上がったときの叫び声……と3種類の使い方がある」

 2位 よき → 「いいね、という意味。あの人マジかっこよき、マジよきよき、などと使う。
        古典の授業から派生し、テンポよく2回重ねて使うのが主流」

 3位 ○○まる → 「おけまる、大好きまる、ラブまる……などと使う。まるは句点の “。” を
          意味しており、“OK。” ではなく “おけまる” となる。柔らかい印象で可愛さを
          増す効果がある」

 4位 アモーレ → 「本来は “愛しい人” という意味のイタリア語だが、女子高生は親友に使う。
          お前マジアモーレ、などと使うのが正解」

 5位 はげる → 「毛が抜けそうなほど嬉しい、という意味。あの人がカッコ良すぎてはげる、などと使う」

 6位 マ!?→ 「“マジ?” の意味。ママママママママ……と連呼するのもあり」

 7位 BFF → 「“Best Friend Forever” の頭文字から。いつまでも友達だよ、という意味」

 8位 ゲロ○○ → 「超・マジ・ガチ・鬼・神・メチャメチャ……などと同じ、凄いことを表す形容詞。
         吐きそうなくらい凄いこと」

 9位 スノる  → 「大流行した顔認識アプリ “SNOW” で写真を撮ること」

 10位 ○○み → 「しんどみ・うれしみ・つらみ・やばみ・きもみ……などと使う。
          語尾に身を付けると雰囲気が可愛く、柔らかくなる」


img_5159